BLACK FORMAL

ブラックフォーマル
正統スタイル ブラックフォーマル

フォーマル出来る男は、ドレス・コードを意識したウェアの装いは不可欠です。
TANGOYAは伝統と格式を重んじ、クラシックなフォーマルウェアのコーディネートに敬意を表し、装いをご提案させて頂きます。

 

ブラックスーツ

ブラックスーツ

シーン

昼夜問わず、一般的に行われるほとんどの慶事・弔事列席者に着用頂けます
・結婚式
・披露宴
・各種式典
・パーティ
・葬儀
・告別式など

※詳しくはTPO別ウェアリング早見表をご覧ください。

コーディネイト

色・柄

ジャケット/Jacket
シングル1釦、2釦、3釦、ダブル4釦、6釦など、ディテールは多数にあります。

スラックス/Slacks
ジャケットと共布で裾はシングル。

シャツ/Shirt
・襟型は、レギュラーカラーが基本ですが、シーンやコーディネイトにより、ウイングカラーも可。
・色は白が基本だが、シーンや、コーディネイトにより、パステルカラーも可。
・カウスはシングルかダブルカフス。

タイ/Tie
白黒やシルバーグレー、淡色などの無地、アスコットタイ・蝶ネクタイなど、シーンやコーディネイトによりお選び下さい。

アクセサリー/Accessories
・チーフは綿、麻、シルクの白無地かシルバーグレーが一般的ですがシーンにより色物も可。
・靴下は黒無地が基本
・カウスはパールの白が基本

靴/Shoes
黒のキッドやカーフのストレートチップやプレーントゥ。

弔事

・ベスト着用の際は、スーツと共地の黒を着用
・シャツは、レギュラーカラーを着用する。カフスはシングル、ダブル共に可
・タイは黒無地
・アクセサリーは、オニキスなど黒、金属はシルバーに統一
・チーフは不要

 

ディレクターズスーツ

デレクターズスーツ

シーン

・昼間の結婚式、披露宴など、新郎・新郎新婦のお父様や主賓、上司の方。
・各種式典やパーティに出席の方。
・昼間の慶事で、ブラックスーツよりワンランク上の装いとしてオススメ致します。

※詳しくはTPO別ウェアリング早見表をご覧ください。

コーディネイト

ジャケット/Jacket
・グレーベストと縞のコール地のスラックス。
・シングル・ダブルどちらでも可。色は黒の他、ダークグレーや濃紺の無地でノーベントが最適。

スラックス/Slacks
明るめのグレー地で、柄はストライプ。裾はシングル。

シャツ/Shirt
白無地でレギュラーカラーまたはウイングカラーで、シングルかダブルカフス。

ベスト/Vest
ジャケットと共布か、ウールやシルク素材のグレーまたはオフホワイト。

タイ/Tie
シルバーグレー、白黒の縞の結び下げまたはアスコットタイ。

アクセサリー/Accessories
・カフスは、ゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝等の白石が基本
・サスペンダーは、白黒の縞
・チーフは、白で麻かシルク素材のものが基本
・ソックスは、白黒の縞が基本であるが、黒無地でも良い。

靴/Shoes
黒のキッドやカーフのストレートチップや、プレーントゥ

 

タキシード

黒無地シングル1ボタンでショールカラーの上着に側章のついた共地のスラックスが基本型となります。
最近ではピークドラペルのものや、ショールカラーでもダブルにしたものも多く着られる様になりました。今の時代に最適な正礼装です。
タキシード

シーン

・午後からの結婚式及び披露宴での、新郎をはじめ新郎新婦のお父様
・夕方から夜にかかる各種式典やパーティなど

※詳しくはTPO別ウェアリング早見表をご覧ください。

コーディネイト

色・柄

ジャケット/Jacket
衿は拝絹付きで、衿型はピークドラペルまたはショールカラー

スラックス/Slacks
脇に、側章が付く

シャツ/Shirt
・白無地でウイングカラーまたはレギュラーカラーのプリーツ付きが基本。
・袖口は、シングルかダブルカフス。
・前立ての釦を見せないことが基本の為、比翼仕様またはスタッド釦仕様が望ましい。

タイ/Tie
・黒の蝶タイが基本ではあるが、着用シーンにより色柄の蝶タイも可。
・カマーバンド着用が基本

アクセサリー/Accessories
・カフスは黒蝶貝やオニキスが最適。
・チーフは綿、麻、シルクの白無地が基本。
・サスペンダーは黒無地を着用

靴/Shoes
黒のエナメル素材で、内羽根式のプレーントゥが望ましい。

ポイント

特別なスーツと思わず、ブラックスーツ感覚で着用すれば良い。

 

モーニングコート

黒無地で後裾を長めにとった上着に、黒とグレーの縞柄スラックス、またはグレーの白のベストで構成され、昼間の基本的な礼装といえます。
前裾を大きくカットしていることからカッタウェイとも呼ばれています。
モーニング

シーン

・昼間の格式の高い結婚式、披露宴での新郎新婦のお父様。
・入学式や卒業式などでの教職員管理職
・皇室主催の園遊会や叙勲の授賞式に出席のされる方
・大規模の葬儀及び告別式での喪主や近親者、参列者

※詳しくはTPO別ウェアリング早見表をご覧ください。

コーディネイト

色・柄
一般的には、黒の共布のジャケットにベスト、縞のコール地のスラックス。ジャケット・ベスト・スラックスをグレーにしたモーニングコートもある。

ジャケット/Jacket
型は1つ釦のピークドラペル、フロントはウエストから裾にかけて大きくカットされているフロントライン

スラックス/Slacks
裾はシングル、後ろをやや斜めに長くカットした、通称モーニングカット

シャツ/Shirt
白無地でレギュラーカラーまたはウイングカラー、ダブルカフスが基本だが、シングルカフスでも可。

ベスト/Vest
ジャケットと共布かグレーまたはアイボリー で、シングルが一般的。慶事では、共布のベストに限り、取り外しが可能な白衿を付ける。

タイ/Tie
シルバーグレー、白黒の縞の結び下げやアスコットタイを着用

アクセサリー/Accessories
・カフス:ゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝等の白石が基本
・サスペンダーは、白黒の縞。
・チーフは白で麻素材のものをスリーピークに折りたたみ利用する。
・手袋は、グレーの鹿革が正式ではあるが、一般的には白手袋でも可
・ソックスは白黒の縞が基本ではあるが、黒無地でも可

靴/Shoes
黒のキッドやカーフのストレートチップやプレーントゥ。

弔事

・ベスト、ジャケットと共布の黒を着用し、白衿は必ず外す。
・シャツは、レギュラーカラーのみ着用する。カフスはシングル、ダブルどちらでも良い。
・タイは黒無地。
・アクセサリーは全て黒、金属はシルバーで統一する。
・チーフは不要。

 

燕尾服

燕尾服

シーン

・公式の晩餐会の招待状に“ホワイトタイ”の指定がある場合、男性は必ず燕尾服を着用する。
・格式の高い結婚式及び披露宴での、新郎。

※詳しくはTPO別ウェアリング早見表をご覧ください。

コーディネイト

色・柄
すべてを白と黒でまとめるのが基本。

ジャケット/Jacket
衿は拝絹が付いたピークドラペル。

スラックス/Slacks
股上が深くみぞおちの位置まである、側章2本付き。

シャツ/Shirt
白無地でイカ胸、衿はウイングカラーのもの、袖口は固く糊付けされたシングルが基本ではあるが、ダブルカフスも可。スタッド釦仕様のシャツ着用。

ベスト/Vest
衿付きの白ピケのダブルまたはシングル。

タイ/Tie
ベストと共布の白ピケの蝶タイで。

アクセサリー/Accessories
・カフスは、白蝶貝が最適。
・スタッド釦はお揃いが望ましい。
・チーフはシルクまたは本麻の白無地。
・サスペンダーは白無地。
・ソックスは長めの黒無地。

靴/Shoes
黒のエナメルで内羽根式のプレーントゥが望ましい。

 

TPO別ウェアリング早見表

フォーマルな席では時間帯や各シーンに合わせて装いを選びます。
各正装のルールを下記の早見表にてまとめてみました。

tpo

※pdfにてご覧になる場合はこちら

 

 
オーダースーツのTANGOYA 店舗情報
 
オーダースーツのTANGOYA 店舗情報
オーダースーツのTANGOYA フェア情報
 
 
 
 
スタイリストブログ
 
オーダースーツ コラム