福岡・広島・北九州・熊本・鹿児島でオーダースーツをお探しならオーダースーツ専門店のTANGOYAへ

モーニングコート

モーニングコート

黒無地で後裾を長めにとった上着に、黒とグレーの縞柄スラックス、またはグレーの白のベストで構成され、昼間の基本的な礼装といえます。
前裾を大きくカットしていることからカッタウェイとも呼ばれています。
モーニング

シーン

・昼間の格式の高い結婚式、披露宴での新郎新婦のお父様。
・入学式や卒業式などでの教職員管理職
・皇室主催の園遊会や叙勲の授賞式に出席のされる方
・大規模の葬儀及び告別式での喪主や近親者、参列者

※詳しくはTPO別ウェアリング早見表をご覧ください。

コーディネイト

色・柄
一般的には、黒の共布のジャケットにベスト、縞のコール地のスラックス。ジャケット・ベスト・スラックスをグレーにしたモーニングコートもある。

ジャケット/Jacket
型は1つ釦のピークドラペル、フロントはウエストから裾にかけて大きくカットされているフロントライン

スラックス/Slacks
裾はシングル、後ろをやや斜めに長くカットした、通称モーニングカット

シャツ/Shirt
白無地でレギュラーカラーまたはウイングカラー、ダブルカフスが基本だが、シングルカフスでも可。

ベスト/Vest
ジャケットと共布かグレーまたはアイボリー で、シングルが一般的。慶事では、共布のベストに限り、取り外しが可能な白衿を付ける。

タイ/Tie
シルバーグレー、白黒の縞の結び下げやアスコットタイを着用

アクセサリー/Accessories
・カフス:ゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝等の白石が基本
・サスペンダーは、白黒の縞。
・チーフは白で麻素材のものをスリーピークに折りたたみ利用する。
・手袋は、グレーの鹿革が正式ではあるが、一般的には白手袋でも可
・ソックスは白黒の縞が基本ではあるが、黒無地でも可

靴/Shoes
黒のキッドやカーフのストレートチップやプレーントゥ。

弔事

・ベスト、ジャケットと共布の黒を着用し、白衿は必ず外す。
・シャツは、レギュラーカラーのみ着用する。カフスはシングル、ダブルどちらでも良い。
・タイは黒無地。
・アクセサリーは全て黒、金属はシルバーで統一する。
・チーフは不要。

  • facebook
  • twitter

オーダーメニュー

・オーダースーツ 35,000円+税~
2着で64,000円+税~
・ジャケット 25,000円+税~
・パンツ 13,000円+税~
・オーダーシャツ 9,800円+税~

2枚で15,800円+税~
※1枚あたり7,900円+税~

・オーダーシューズ 43,000円+税~

本日承りのお仕立て上り

オーダースーツ:
8/2(水)
オーダーシャツ:
7/23(日)
オーダーシューズ:
8/8(火)

※デザインなどにより多少変更がある場合があります。
※お急ぎの方はスタッフにご相談下さい。

PAGETOP

福岡・広島・北九州・熊本・鹿児島でオーダースーツをお探しならオーダースーツ専門店のTANGOYAへ
Copyright (C) TANGOYA All Rights Reserved.