タキシード

タキシード

黒無地シングル1ボタンでショールカラーの上着に側章のついた共地のスラックスが基本型となります。
最近ではピークドラペルのものや、ショールカラーでもダブルにしたものも多く着られる様になりました。今の時代に最適な正礼装です。
タキシード

シーン

・午後からの結婚式及び披露宴での、新郎をはじめ新郎新婦のお父様
・夕方から夜にかかる各種式典やパーティなど

※詳しくはTPO別ウェアリング早見表をご覧ください。

コーディネイト

色・柄

ジャケット/Jacket
衿は拝絹付きで、衿型はピークドラペルまたはショールカラー

スラックス/Slacks
脇に、側章が付く

シャツ/Shirt
・白無地でウイングカラーまたはレギュラーカラーのプリーツ付きが基本。
・袖口は、シングルかダブルカフス。
・前立ての釦を見せないことが基本の為、比翼仕様またはスタッド釦仕様が望ましい。

タイ/Tie
・黒の蝶タイが基本ではあるが、着用シーンにより色柄の蝶タイも可。
・カマーバンド着用が基本

アクセサリー/Accessories
・カフスは黒蝶貝やオニキスが最適。
・チーフは綿、麻、シルクの白無地が基本。
・サスペンダーは黒無地を着用

靴/Shoes
黒のエナメル素材で、内羽根式のプレーントゥが望ましい。

ポイント

特別なスーツと思わず、ブラックスーツ感覚で着用すれば良い。

 

 
オーダースーツのTANGOYA 店舗情報
 
オーダースーツのTANGOYA 店舗情報
オーダースーツのTANGOYA フェア情報