燕尾服

燕尾服

燕尾服

シーン

・公式の晩餐会の招待状に“ホワイトタイ”の指定がある場合、男性は必ず燕尾服を着用する。
・格式の高い結婚式及び披露宴での、新郎。

※詳しくはTPO別ウェアリング早見表をご覧ください。

コーディネイト

色・柄
すべてを白と黒でまとめるのが基本。

ジャケット/Jacket
衿は拝絹が付いたピークドラペル。

スラックス/Slacks
股上が深くみぞおちの位置まである、側章2本付き。

シャツ/Shirt
白無地でイカ胸、衿はウイングカラーのもの、袖口は固く糊付けされたシングルが基本ではあるが、ダブルカフスも可。スタッド釦仕様のシャツ着用。

ベスト/Vest
衿付きの白ピケのダブルまたはシングル。

タイ/Tie
ベストと共布の白ピケの蝶タイで。

アクセサリー/Accessories
・カフスは、白蝶貝が最適。
・スタッド釦はお揃いが望ましい。
・チーフはシルクまたは本麻の白無地。
・サスペンダーは白無地。
・ソックスは長めの黒無地。

靴/Shoes
黒のエナメルで内羽根式のプレーントゥが望ましい。

 

 
オーダースーツのTANGOYA 店舗情報
 
オーダースーツのTANGOYA 店舗情報
オーダースーツのTANGOYA フェア情報