こんばんわ。 TANGOYAファッションビル店 山之口です。

 

 

また急に冷え込みましたね。でも気分は春から初夏へ。

オーダーショップにいると季節に先行して思考が先走ります。

新しい生地サンプルを見ていてふと目に留まる生地・・

非常な郷愁に駆られもし・・優雅で繊細、控えめなのに

存在感のある色柄・・大正ロマンか昭和ノスタルジーか

はたまた金魚鉢を通してみる午後のけだるい空か・・・

じーーーーっとみていると何か詩的な気分になってくる・・。

画像では分かりにくいのですが。

 

私はどちらかというとあまりブランドなど気にしないタチで、

自分の“美学”が第一なタイプ鴨。今夜ご紹介する生地はそういう私の

美意識の琴線に触れたものをご紹介し、生地選びの時の参考に

していただければ・・と  いや全然参考にはなりま千寝。

 

今夜は3枚の画像を貼ります。

①ザニエリのジャケット生地。ザニエリはセレクト系ショップの専売

にあらず。当ショップでも手に入ります。まあブランドはどうでもいい

とホントは思っているのですが・・(イタリアブランド)

②セヴィル クリフォードのジャケット生地。

伝統ある英国ブランド どちらかといえばスーツ生地のイメージが

強いブランドでしょうか?

③これは まあちょっと話題からそれますが、よく靴で26の3Eとか

4Eとかいいますが、Eよりさらに横幅の太いFサイズもあり、

またDといってEより細い脚の方に向いているもの、さらに

Dよりまだ細いCというものもあります。今回宮城興業から

お客様用に貸し出してもらった25.5のCというゲージ靴が届きましたので

記念撮影。普段あまり見ないので。

 

まあそういうわけで今夜はこれにて失礼いたします。

いつも書き忘れるお値段の件、①はジャケット45,000円+税

②は65,000円+税   です。

CIMG4925CIMG4924CIMG4923