こんばんわ。

TANGOYA FFB店 山之口です。

昨日までのぐずついた空模様とはうって変わり良いお天気でしたね。

ところで じゃあ雨が降れば悪い天気なのか ということを

考えるステキな諸兄もおられることと思います。

今夜はそこらあたりのお話です。

 

さて工業製品等の不良品にはさほど魅力はなさそうですが、

人間の場合は違うことがあると思われた方は少なからずおられると思います。

お勉強の道具がいっぱい詰まった分厚い下げカバンに体操服などが入った

ショルダーバッグ・・進学校の良い子たちは黙々と通学しておりました。

おや あいつのカバンえらく薄い。しかも本革の上等だし。

 

高校2年の時の同級生のYはカミソリのような目にカミソリのような顔

そうそうゴルゴ顔。非情な感じ。 手荷物検査(収容所か!)のとき

彼のカバンは教師たちの目に止まり中身を調べられた・・おや

勉強道具が何にも入っていない。 コーラが1本のみ。

次の時間の小テストに備え級友の多くが英単語など覚えている休み時間、

私も なんでおまえらそんなに勉強するんだよ!と漠然と思っていたクチですが・・

 

Yはそんなときはいつも腕立て伏せをしていました。根っからの武闘派だったのです。

 

高校卒業後Yは(カネを積んで?謎)医学部に進み、まもなく酔っぱらった勢いで

用水路に飛び込みその短い一生を終えました。

話が長くなってますが、私にとってはYはとてつもなくカッコヨカッタのです。

不良に憧れていた高校時代でしたが、実社会には私が想像していた

不良とかではなく本物のワルがわんさかいることも分かり、自分が憧れていた

不良って何だったのだろうとつくづく思ったものです。

で結局立派な不良ではなく不良になり損ねた不良な不良が目指すべき境地ではないか

と思い至ったことがあります。(いつものごとく 分かりにくい展開)

 

まあ 最近は便利な ちょいワル というコトバもありますが、ウーム ちょっと違うかも。

さて最近TANGOYAのスーツに付く織ネームのデザインが変わりました。

まさにオンリーワン。 よくライオンはいても犬は見たことないぜ。

おや こいつハマキ咥えてら。 何?サングラスまでかけてる・・

 

まあ私も世界の有名無名の織りネームを無数に見てきましたが、

こんなのは初めてです。 その不良具合が気に入っています。

た・ ん・ ご・ や  カッコワリー  と思われたお客様 それは違いますって。

この織ネームを見るとほんと私などTANGOYAでスーツをオーダーしたくなります。

絶対に織ネームつけてよ!とお店の方にお願いすると思います。

 

ああ 長くなってしまいました。

その織りネームの画像を貼ります。 最初のはショップの道路側に使われている電光看板の

正式な犬くん。 次が不良なムード満点の織ネームの犬くんです。

それで今夜はこのへんで。(あ 武田 作です・・)

CIMG2993

 

 

 

 

 

 

CIMG2991